読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのでんげん的ラジオ。

ラジオに憧れる若造が日頃発見したことや、大好きなもの、スッゲーと思ってることについて綴っていきます。

カメラ初心者のもとにOlympus Stylus 1sがやってきた!

念願の機種ってテンションあがりますよね!!
どうもこんにちは、藍田です。

突然ですが、最近僕の周りではカメラを持ち歩く人が増えました。 一眼レフだったり、ミラーレス一眼だったり、コンデジだったり。
スマホのカメラがあれば、それで充分と言われている昨今に。
やはりそういう人達は、より綺麗に撮りたいだったり、カメラ自体が可愛いだったり、
写真を撮れさえすればいいみたいなところにはいない感じがします。

(そうやって人は泥沼にハマっていくのかもしれません・・・笑)

そんな僕も例に漏れず、ブログを始めてから綺麗な写真を撮りたい欲が出てきました。 やっぱりせっかく見てもらうなら綺麗な写真がいいですよね。
そんなこんなでついに愛機を見つけました。

しかも生産停止を乗り越えて。
その機種とはこちら!


OLYMPUS Stylus 1s!!!!!!!!!!





いわゆる開封の儀みたいなのをやりたかったのですが、 すでに生産停止の商品となってしまっているため、中古店で手に入れました。 よって、外箱等もなしです。(笑) でも中古とは思えないくらい傷もなくきれいな外観です。

外観

斜めから見た図。 実はこのカメラ、レンズキャップが展開式になっていて、 自分で取る必要がないんです。

電源を入れるとキャップが開いてレンズキャップが展開する感じが、 メカっぽくてたまらなく好きです。

また、レンズの左側にズームスイッチが搭載され、 一眼レフのような感覚でズームを行うことができます。

見づらいですが、カメラの右側に革のグリップがついているため、 コンパクトですが、かなり持ちやすいと思います。


後ろから。 特徴はなんといっても電子ビューファインダーでしょうか。 まだまだ初心者ですが、カッコから入りたくてついついファインダーを覗いてしまいます(笑)

ボタンの配列はシンプルで分かりやすいですね。 ファインダーに隠れてしまっていますが、左上部にカメラ機能を選択できるダイヤルが搭載されています。

モニターは可動するので、 上から撮りたい時などに便利そうです。


スペック

・撮像センサー
 形式 1/1.7型 CMOSセンサー
 有効画素数 1200万画素
 総画素数 1276万画素

・レンズ
 焦点距離(35mmカメラ換算) 6.0mm~64.3mm(28mm~300mm)
 開放F値 2.8
 光学ズーム倍率 10.7倍
 デジタルテレコン 2倍
 撮影範囲(レンズ先端より) W:10cm~∞、T:80cm~∞
 スーパーマクロ:5cm~60cm(ズーム位置固定)

僕はまだカメラ初心者なので、このスペックを見て「おおすごい!」とはならなかったのですが、 レビューをいくつか見る限り、この大きさにしては良いセンサーと開放F値2.8が素晴らしいみたいですね。

一般的に開放F値が小さいほど値段が高いレンズと言われているようで、 特に開放F値が2.8以下だと明るい良いレンズと言われているようです。 これはこれから写真を撮っていく中で恩恵を感じ取っていこうと思います(笑)

iphone 6sとStylus 1sをくらべてみた。

 僕は普段iphone 6sを使っています。 現行の7のカメラには劣るかもしれませんが、6s、十分良いカメラだと思います。

が、stylusと比べてどうなのか?ということで、 あえて今回比べてみました。

まずはiphone 6sから!



そして、stylus 1s!


・・・・。

うーん分かりづらい(笑) カメラを撮った人の腕もあるのでしょうか・・・。

ただ、stylusで撮ったときのほうが色味がきちんと反映されているような気がします。

まとめ

 もう生産停止になってしまったのが惜しいくらい、カッコいいカメラだと思います。 レンズが展開するとこだけでずっと見ていられるくらい(笑)
これから使い倒して行いくぞー!