ぼくのでんげん的ラジオ。

ラジオに憧れる若造が日頃発見したことや、大好きなもの、スッゲーと思ってることについて綴っていきます。

気分が上がる可愛さの『KINTO デイオフタンブラー』を持ってでかけたい。

おはようございます、こんにちは、こんばんは!
どうも藍田(@midemgen)でございます。

あなたもそうかもしれませんが、僕も例に漏れず社会人になってから水筒を持ち歩くようになりました。
飲み物代の節約ということもあるのですが、天気に関係なく冷たいもしくは温かい飲み物を飲めるのは殊の外良いものです。

という事情もあり、水筒の持ち歩きを始めたのですが、せっかくですから普段持ち歩くものにはこだわりたいですよね。
しっくりくるものがあると、毎日持っていくのも楽しくなります。

いいのないかなーと探していた所に、見つけてしまったのがKINTODAY OFF TAMBLER(デイオフタンブラー)でした。

cafict.com

記事を書いているのは、最近良く読ませて頂いているブログ『CAFICT』さん。
コーヒーに関する情報がこれでもかと詰め込まれています。

記事を見た段階ではまだ予約時期だったのですが、
すぐに一目惚れしてしまい、気づいたら予約ボタンを押していました。

先日無事届いたので、ご紹介していきたいと思います。 今まで色々な水筒を取っ替え引っ替えしていたのですが、ついに終わることができそうです。
まだ数回しか使っていないですが、こいつかなりいいですよ。

デイオフタンブラーとは何者か?

f:id:midemgen:20180806224941j:plain
出典元:(http://www.kinto.co.jp/products/21093.html)

デイオフタンブラーは、テーブルウェア等の開発を行っている会社KINTOより販売されています。

この水筒のイメージは、『最小限の持ち物と冷たい水を入れたタンブラーを手に、思いのままにゆったりと過ごすオフの時間』だそうです。

握りのある丸いハンドルと飲みやすい飲み口、そして優しい色がゆったりとしたオフの時間を演出してくれます。

内容量は500mlと十分なサイズ。
今年の夏は暑いので、氷を入れてたっぷりと冷たい飲み物を楽しむ事ができます。

色は6色展開されていて、僕は今回ホワイトを選びました。
では箱を開けていきましょう。

届いたらやること。そう、開封です。

まずは箱から。

f:id:midemgen:20180806225129j:plain
グレーの包装に包まれて届きました。
余計な文字も少なく、おしゃれ。

f:id:midemgen:20180806225205j:plain
箱から出すと丸みを帯びた本体が登場。
この持ち手が良いですよね。

f:id:midemgen:20180806225234j:plain
帯の裏にはデイオフタンブラーのコンセプトとも言うべき言葉が。
どこへでも連れて行ってあげましょう。

f:id:midemgen:20180806225302j:plain
本体下部には小さくKINTOのロゴが。
ちまっとした文字が可愛い。
また表面のザラザラとした質感もたまらなく好きです。

f:id:midemgen:20180806225334j:plain
箱の中にはKINTOのAWコレクションの冊子も封入されていました。これがまたおしゃれ。

f:id:midemgen:20180806225406j:plain
デイオフタンブラーのページ。
こんな風にオシャレに持っていってあげたいものです。

可愛いだけじゃないんです

デイオフタンブラーは見た目だけではなく、その機能性もすごいんです。

驚きの軽さ。

まず持った時に驚くのがその軽さ。
水筒自身が重いと持っていくのが億劫になってしまいますよね。
この水筒はとても軽くできており、開ける時に本当に入ってるの?と思うほどでした。
ストレスなく持ち運ぶ事ができますね。

しっかりとした保温保冷性能。

デイオフタンブラーは真空二重構造を採用しており、長時間飲み物の温度や風味を保ってくれます。
カタログ値では『保温69℃以上・保冷7℃以下を6時間キープ』となっています。

実際に使ってみましたが、 朝7時に入れた氷が夕方頃まで残っていてくれて、1日中冷たい飲み物を楽しむことができました。
温かい飲み物に関してはまだ試せていませんが、十分な性能を持っていると考えてよいと思います。

お手入れがらくらく。

f:id:midemgen:20180806225451j:plain

水筒でめんどくさいのがお手入れですが、デイオフタンブラーはシンプルに3つに分解することができ、簡単にお手入れをすることができます。
パッキンも取り外しが可能ですし、本体の飲み口も広いので、洗うのが簡単。
これで水筒を放置してしまうことも少なくなりそうです。

ストレスなく飲める飲み口

f:id:midemgen:20180806225551j:plain

いきなり飲み物がドバっと出てきてビックリした経験はありませんか?
デイオフタンブラーは飲み口の構造により飲み物が勢い良く出てくるのを防いでくれます。
また360°どこからでも飲めるデザインなので、ストレスを感じずに飲み物を飲む事ができます。
機能性もしっかりコンセプト通りに作られているのは素晴らしいなと感じます。

デイオフタンブラーのある風景

KINTOのデザインサイトやInstagramにはデイオフタンブラーのある風景が掲載されています。
これがまた良いのでご紹介。

youtu.be

www.instagram.com
こんな風にどこへでもお供してもらいたくなる魅力がこの水筒には詰まっていると思います。

まとめ

今年の夏は危険な暑さと評されますが、
こうやって水筒を持ち歩くことも立派な熱中症対策になると思うんですよね。
そして持ち歩くならば気分が上がるものが絶対良い。

オフの時もオンの時も、ホッと一息つけるようなあなたの相棒になってくれるデイオフタンブラーを是非お試しあれ。